がむしゃらスケッチ

がむしゃらスケッチ

絵が上手くなりたい私の奮闘記

なぜだか続く!いま私がやっている練習方法

2020年になって、自分はこんなことをつぶやいていました。

 

 

この1月4日から私は30秒ドローイングというイラスト練習を始めました。

あれから46日たった2月19日現在、40枚くらい描いたのでたまに(一週間くらい)サボりつつもなんとか継続できている状態です。

この30秒ドローイングについて、説明や感想を書きたいと思います。

 

1. 30秒ドローイングとは

その名の通り、30秒で人の全身を描くという練習方法。

自分にとっては30秒はあまりにも短いので、今は45秒でやっています。

練習といってもこれ自体に意味があるというよりは、手を慣らしたり、右脳を活性化させる効果が期待できるそうです。

詳しくはこちら。

30秒ドローイングとは (サンジュウビョウドローイングとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

2. 30秒ドローイングができるサイト

毎日お世話になっています、神です。

POSEMANIACS » ThirtySeconds

 

3. これまでの結果と感想

f:id:shigemichicken:20200218130128j:image

f:id:shigemichicken:20200219204416j:image

f:id:shigemichicken:20200219204424j:image

 

 

1日目、20日目、40日目を比べてみました。

 

 

 

 

全然変わらないような笑

やり方に改善の余地があるかも、今後に期待です!

 

感想ですが、イラストって筋トレみたいにメニューが組みにくいので、ルーティンにしづらく続けにくいと思います。

それが30秒ドローイングのおかげで毎日脳死で続けられるのは素晴らしいと思います。

また自分はヒトの顔しか描かないクセがあったので、全身を毎日描くようになったのも良かったです。

 

何より私はTwitterに毎日描いた絵をあげるようになりましたが、応援してくれる方から温かい“いいね”をいただけることが励みに‪なっています。

1人では続いていなかったと思います、本当にありがたいことです。

というわけで、自分にとって30秒ドローイングは始めて良かった練習法でした。